血流の迂回路をつくって酸素や栄養素を送る冠動脈バイパス手術

執刀医と看護師

心臓から送り出された血液の一部は、冠動脈を通じて心臓に供給されますが、冠動脈が動脈硬化を起こすと、血管が狭くなり心筋への血液の供給量が低下します。

そこで狭窄や閉塞を起こしている血管部分とは別に血液が流れるバイパスを新たに通すことで血液の供給を確保しようというのが、当時、狭心症だった天皇陛下が受けた(執刀医は順天堂大学医学部の心臓血管外科教授・天野篤氏)ことで有名となった冠動脈バイパス手術(CABG)です。

手術は全身麻酔で行われ、体の健康な部分から血管を取り出し、冠動脈の手前から迂回路として繋げ、狭窄や閉塞を起こしている血管の先にある心臓の組織に正常な量の酸素や栄養素を送り込めるようにします。

バイパスとして使用される血管には、動脈血管と静脈血管の療法があります。動脈血管で主に使われるのは内胸動脈、とう骨動脈、右胃大網動脈です。バイパスとして一般的に使われる静脈血管は、足首から膝下に走る大伏在静脈ですが、長期経過を見ると、静脈血管より動脈血管の方が狭窄や閉塞リスクが低いため、近年は動脈血管による手術が積極的に行われます。

近年では、患者の負担が少ないとしてカテーテル治療が検討されますが、狭窄や閉塞を起こしている部位が複数あったり、患部がカテーテル治療に適していない場合には冠動脈バイパス手術が優先されます。なお心臓カテーテルによる冠動脈の再開胃痛治療の多くは、循環器内科の医師が担当しますが、冠動脈バイパス手術は心臓血管外科の医師が担当します。

冠動脈バイパス手術は、心臓を動かしながら行うため手術の負担や危険性を軽減できる「オフポンプ」と、心臓のポンプ機能を人工心肺に置き換え、心臓を止めて行う「オンポンプ」があります。手術後は約2週間で退院できます。

ただし、冠動脈バイパス手術が適していても、高齢者や手術に耐えうる体力がないと判断された人は、手術でないことがあります。