心臓病の診断や検査はどの診療科で行うのか?

医療機関によって標榜科が異なります

定期的な胸の胸の痛み、不整脈、頻脈などの症状が気になり「心臓病かもしれない」と思ったり、自身の年齢を考えて「心臓病になっていないか検査を受けてみたい」と思って医療機関への受診を考える場合、どの診療科に行けばわからないという人もいると思います。

心臓病の治療を専門としている科は、循環器内科と心臓血管外科の二つとなります。高血圧症や動脈硬化症、狭心症、心筋梗塞などの診断・治療を行うのが循環器内科です。カテーテル治療やペースメーカーの植え込みなどの処置も、循環器内科の医師が担当するのが一般的です。

先天性心疾患、後天性心疾患、血管疾患の手術を行うのが心臓血管外科です。心臓血管外科医は診断を行わないので、心臓病かどうかの診断を受ける窓口となるのは循環器内科となります。

医療機関によって診療科の名前は異なり、循環器科としているところもありますし、心臓専門の内科医と外科医がチームで診察や治療を行う心臓病センターやハートセンターでは、循環器専門の内科がある場合もあります。

虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)になる患者さんの数は社会の高齢化を反映して、年々増加傾向にあります。これらの病気は血液と酸素を心臓に送る冠動脈の動脈硬化が原因となります。

動脈硬化は遺伝的因子を背景として、喫煙や偏った食生活、運動不足などの生活習慣、あるいは糖尿病や高血圧などの生活習慣病によって進行します。そのため、心臓病、動脈硬化症を診断するのに専門的な検査を行うだけでなく、診療科目の枠を超えて各診療科や医療機関と連携して、総合的に診断する必要性が高まっています。

これはあくまでも症状が比較的穏やかな場合であり、耐えられないほどの胸の痛み、吐き気や冷や汗を伴う痛みなど、一刻を争うような場合にはただちに救急車を呼びましょう。急性心筋梗塞や大動脈が破裂している場合は、時間との戦いになりますので、心疾患専門の集中治療室「CCU」のある病院に搬送してもらいましょう。