血液中の脂質の濃度などが異常をきたす脂質異常症(高脂血症)

スタチン製剤よる薬物療法

@血管壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすLDL(悪玉)コレステロールが140mg/dl以上、A体内のコレステロールを回収して動脈硬化を予防するHDL(善玉)コレステロールが40mg/dl未満、B中性脂肪が150mg/dl以上、この3つのうち1つ以上に該当する状態が脂質異常症(旧名:高脂血症)と診断されます。

脂質異常症は、狭心症や心筋梗塞、脳卒中の原因となる動脈硬化を進行させる最大の危険因子となっており、LDLコレステロールが高くなりやすい素因を持っている状態に、血中のLDLコレステロールを上昇させる外因が加わることで発症します。

血中のLDLコレステロールを上昇させる外因で重要となるのは食生活です。過食、動物脂肪の摂り過ぎ、野菜類の不足などが挙げられ、そのほか、糖尿病、運動不足などが挙げられます。

一方、善玉のHDLコレステロールを低下させてしまう原因としては、肥満、糖尿病、喫煙、運動不足、ストレスなどが挙げられます。中性脂肪も一番重要な要素は食生活で、過食による肥満、過剰な飲酒、運動不足などが重なると、中性脂肪の数値を上昇させます。

脂質異常症の治療を行ううえで基本となるのは、医師の指導の下におこなう食生活の改善です。肥満やメタボリックシンドロームがあれば、併せてそちらの改善もおこないます。さらにウォーキングやランニングなどの有酸素運動による運動不足の解消、禁煙、アルコールを控えるなど、生活習慣を見直すことも大切です。

これらを一定期間継続しても脂質異常症の改善傾向が見られない場合には、薬物治療も併せて行う必要があります。脂質異常症の治療に使用される薬は以下のようなものがあります。

HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン製剤)…最も高い頻度で使用される薬で、肝臓でLDLコレステロールが生成されるのを抑えると同時に、善玉のHDLコレステロールも上昇させます。肝機能障害を起こすことがあるので、肝機能検査を定期的に受けながら服用を続けます。

陰イオン交換樹脂(コレスチラミン)…コレステロールは胆汁とともに排泄された後、腸管から再び吸収されますが、薬の働きでこれを抑えることによりLDLコレステロールの上昇を防ぎます。

ニコチン酸誘導体(ニコモール)…腸管でコレステロールが吸収されるのを妨げることでLDLコレステロールの上昇を防ぎます。またHDLコレステロールを上昇させる強い作用があります。副作用としては、熱感、顔面紅潮、食欲不振などがあります。

フィブラート系薬…中性脂肪の合成を抑制すると同時に、その分解を促進することで中性脂肪の数値を低下させます。HDLコレステロールを上昇させる働きもあります。

イコサペンタエン酸エチル(EPA)…最近はEPAのサプリメントが販売されているのでご存知の方も多いと思います。魚の油に多く含まれるEPAには、中性脂肪を減らす作用、血栓の予防作用、HDLコレステロールを上昇させる作用などが認められています。