こんな症状に要注意!初期の心臓病に見られるサイン

締め付けられるような激痛

何の前触れも無く突然、心臓病の発作に襲われる人もいますが、大抵何らかの初期症状を経験している患者さんのほうが多いです。心臓病を早期に治療するためにはこれらのサインを見逃さずに医療機関を受診することが大切です。

典型的な心臓病の初期症状としては、強い胸痛、動悸や脈拍の異常、息切れや呼吸困難、むくみ、眩暈などが挙げられます。早く対処すればするほど、元の生活に戻れる確率も高くなりますし、治療に要する日数も短くて済みます。

心臓病の患者さんのなかで占める割合が最も高い狭心症や心筋梗塞の場合、胸に締め付けられるような激しい痛みが特徴的なサインです。胸だけでなく左側の肩、腕、そして顎、鳩尾に痛みを感じる人もいます。安静にしても15分以上痛みが続く場合は、心筋梗塞を起こしている恐れがありますので、救急車を呼びましょう。激しい胸痛とともに、血圧低下が起こることで、眩暈や吐き気、動悸などを感じることがあります。

急性心膜炎、大動脈弁膜症、肥大型心筋症、大動脈瘤など、胸痛を感じる病気はほかにもあります。痛みに耐えられず、命に危険を感じようなば愛は救急車を呼ぶか、心臓病の専門である循環器内科を擁する医療機関を速やかに受診しましょう。

階段の昇降などで激しい動悸を感じ、呼吸も苦しくなるような場合も注意が必要です。これらの症状は心臓病の危険なサインの一つで、心臓弁膜症や心房細動の恐れがあります。心臓のポンプ機能が低下する心不全でも同様の症状が出ます。

足のむくみも、心臓のポンプ機能が低下して体の隅々まで血液がスムーズに循環していないときに起こる症状の一つです。心不全が起こると、静脈から心臓に血液を汲みあげ、また動脈血を前身に送り出すという血液循環がうまくいなくなります。

そうなると心象牙血液を十分汲み上げられなくなり、静脈に血液が溜まり、腎臓の血流が悪くて塩分や水分の排出が出来なくなって足がむくんでくるのです。心不全が悪化すると足だけでなく、手、顔、胸、腹部などにもむくみが現れてきます。