体への負担が少ない心臓超音波検査ほか

心電図の結果を判定する医師

心臓病に限らず、病気の検査には体に直接針を刺したりしない非侵襲的なものと、体に直接針を刺したり、管を挿入する侵襲的なものの2つのタイプがあります。侵襲的な検査は体への負担が小さくなく、危険もゼロではないので、まずは非侵襲的な検査をして、そこで異常が見つかった場合に、侵襲的な検査をするというのが一般的です。

体への負担が少ない検査の代表は、心臓の僅かな逆流や心臓機能の異常などを検出する心臓超音波検査です。また、冠動脈狭窄や大動脈瘤の様子を3Dで立体的に映し出すマルチスライスCTなら外来で簡単に心臓の血管の様子が分かります。

マルチスライスCTはカテーテル検査と同様に造影剤が必要となりますが、管を入れる必要が無いため体への負担が少ないのが最大のメリットです。心臓のポンプ昨日や血流を調べたり、心筋梗塞の患者さんの心筋機能がどれくらい残っているのかを調べる際には心臓MRIが使用されることもあります。

一方、狭心症や心筋梗塞の疑いがある人の診断をはっきりとつけるために行われる心臓カテーテル検査は、侵襲的な検査の代表格となります。この検査では非常に細い管(カテーテル)を脚の付け根や肘、手首の動脈・静脈から血管に通して冠動脈まで挿入します。

カテーテルの先端には小型のカメラや器具が付いてるため、冠動脈の圧力を調べてリ、造影X線検査をしたりして心臓の動きや不具合の原因を調べることが出来ます。先述の超音波やCTなどに比べて、針を刺して体にカテーテル入れる侵襲的な検査のため、運動負荷心電図やその他の検査で異常がある場合にだけ、精密検査として行われます。

心電図検査は、ベッドに横になって電極を胸と脚の12箇所に取り付け、心臓が収縮する際に発する弱い電圧を捉え、心臓の収縮と拡張の様子を波形として記録するものです。

不整脈、心筋梗塞、心筋肥大などのときには、波形に乱れが生じるため、この検査である程度の診断をつけることが出来ます。ただ、狭心症や不整脈などは、発作時の心電図を見ないと病気かどうかはわからないこともあります。

そのため、狭心症や不整脈が疑われる人には、軽い運動(階段の上り下り、ベルトの上を歩行・走行、自転車をこぐ)をしている際に心電図を測定する運動負荷心電図検査が行われます。