低侵襲の血管内治療「大動脈瘤ステントグラフト内挿術」

全身に血液を送り込む動脈の本幹が大動脈で、その大動脈の一部、または複数の部位が瘤のように病的に膨れた状態が「大動脈瘤」です。大動脈瘤の原因で最も多いのは動脈硬化で、瘤ができた状態をそのまま放置していると突然破裂し、大出血を起こして、最悪の場合は死に至ることもあります。

大動脈瘤そのものは痛みなどの自覚症状を引き起こさないため、心臓病の早期発見を目的とした心臓ドックなどで行うCT(コンピューター断層撮影法)やMRI(核磁気共鳴画像法)などで見つかるケースがほとんどです。

一度できた大動脈瘤は自然に治ることはなく、膨らんだ部位が正常値の2倍くらいになると破裂の危険性が高まるため、手術等で予防的な治療を行う必要があります。

その手術法として普及しているのが、カテーテルでステントグラフト(人工血管にステントと呼ばれるバネ状の金属を取り付けたもの)を動脈瘤のある部分に入れ、動脈瘤に流れる血液を遮断して瘤を小さくする「大動脈瘤ステントグラフト内挿術」です。

血管内で放出されたステントグラフトは、金属バネの力と血圧によって広がって血管内壁に張り付きます。大動脈瘤はステントグラフトで蓋をされる形となりますので、血流が途絶えて次第に小さくなっていきます。この治療は、切開部が小さく、所要時間も短いため患者さんへの負担が少なくて済みます。