治療の基本は抗不整脈薬などの服用、もしくはカテーテル・アブレーション

抗不整脈薬を服用

循環器科で治療が必要となる頻脈の症状は、心臓の鼓動が「速く打つ感じ」あるいは「乱れて打つ感じ」といった動悸が持続し、その動悸が「突然」始まり「突然」終わる場合が一般的です。

「規則正しく速く打つ感じ」がする場合、「徐々に」終わるタイプは治療をしなくてもよい場合が多いです。頻脈の目安としては、安静時でも1分間の脈の数(脈拍)が100回以上の場合が多いですが、心房細動という不整脈の場合は脈拍が100回以下の場合もしばしば認めます。

動悸が出現した時は、肘・手首・首などで脈を触れて、脈の間隔が規則正しいかバラバラで不規則か確認し、脈拍を数えておくと、医師の診察を受ける際に役立ちます。脈拍は血圧計で計れますが、脈を1分間数え続けなくても、例えば30秒間の脈の数を計って、それを2倍しても構いません。

頻脈は数種類に分類されます。治療方針を決めるためにはどのタイプの頻脈か見極める必要がありますが、症状がある時の心電図を記録しないと診断できないので、頻脈が持続している間に医療機関を受診しましょう。それが難しい場合は、24時間記録できるホルター心電図や、動悸が起こったら胸に当てて簡単に記録できる携帯型の心電計を使ってもらったりします。

通常、頻脈の治療は抗不整脈薬などを服用する薬物治療とカテーテルを用いたカテーテル・アブレーションという治療の2種類があります。カテーテルとはやや柔らかい直径2mm前後の細長いチューブのようなもので、太ももの付け根のあたりと首あるいは肩に局所麻酔を行って、血管の中にカテーテルを入れていきます。その際にできる傷は約5mm程度で大きく切ったり縫ったりはしません。

カテーテル・アブレーションでは心臓の中に挿入したカテーテルで頻拍の原因となっているところを探し、カテーテルの先端の電極に高周波という電気を通電して2度と起こらないように治してしまうので、再発しないという意味では薬物治療より優れています。

手術時間は2〜3時間程度ですが、心房細動ではもう少し長くかかります。入院期間も心房細動以外であれば3日間程度です。どちらの治療方法を選択されてもかまいませんが、頻脈を治してしまって服薬をやめたい方、薬物治療では効果が不十分な方、頻拍発作が起こった時に眩暈がしたり、意識を失ったりする方、旅行中に頻脈が起こらないかなど不安のある方、仕事で日常的に運転をする方、建築現場など転落する危険性のある職場で働いている方などはカテーテル・アブレーションを選択するのが一般的です。