循環器科で働く看護師の業務内容と適性、平均年収について

循環器科は、心筋梗塞、狭心症、心不全をはじめとする重症の心疾患で常時モニタリングが必要な急性期の患者、循環器内科、心臓外科の急性期から回復期、慢性期までの患者の治療、看護にあたっています。

キャリアアップが望める診療科

医療機関によっては循環器科として一つにまとまっているところもあれば、カテーテル治療やペースメーカーの植え込み、薬物治療などを行う「循環器内科」、そして虚血性心疾患や心臓弁膜症、および血管疾患などの手術を担当する「循環器外科(心臓血管外科)」の二つに分かれているところもあります。

循環器科は心臓疾患を扱うため、緊急を要する患者が多く、検査項目も多いため、迅速かつ的確な対応が求められる現場です。さらに、高度な医療機器を操作する医師や技師のサポートも担うことも依頼されることも少なくないため、医療機器の専門知識も高いレベルで必要です。

したがって、患者や家族が安心して治療に望めるよう、日々知識や技術の習得に努めることが求められます。ヤル気のある看護師にとって、命の最前線において最新の医療機器の知識やスキルアップができる循環器科は、キャリア志向の強い看護師にとって、手術室や脳神経外科と並んで人気の高い診療科の一つとなっています。

それぞれの診療科には「向き、不向き」がありますが、循環器科の場合、まず技術的な面として「心電図を読み取り」を迅速かつ正確に行える人が向いています。また、循環器疾患は呼吸器内科や腎臓内科、小児科をはじめとする他の診療科との連携で治療にあたるケースも少なくないため、循環器以外の幅広い疾患を勉強する意欲のある方、コミュニケーション能力のある方が向いています。

そのほか、循環器科の看護師は、患者さんが退院した後の生活指導も大切な業務となりますので、将来、訪問看護師などの在宅ケアの分野で働いてみたいと考えている方にも適した診療科といえるでしょう。

循環器科の役割は医療機関の規模によって大きく異なりますので、求人を探す場合には、キャリアプランに最も近い医療機関を選択することが重要です。

例えば、とにかく症例数が豊富な医療機関で働きたい、あるいは急性期の患者さんをケアしたい、という方には「循環器センター(ハートセンター)」を擁する大学病院や総合病院がよいでしょう。これらの施設には地域の医療圏の内外から高度の治療を要する心臓疾患を抱えた患者さんが多く来院するので、知識とスキルを磨くには最適といえます。

一方、急性期のみだと「患者さんの数が多く、一人一人のケアに関われる時間が少ないため、1日中流れ作業をこなしているだけ」と感じる方も少なくないので、急性期から慢性期、患者さんの社会復帰までじっくり関わりたいという方には循環器科の専門病院がオススメです。

また、高血圧や動脈硬化をはじめとする生活習慣病のケアに取り組みたい方、育児やご自身の体力などの都合で夜勤が難しい方にはクリニックがよいでしょう。

心身ともにハードな職場環境となることが多い循環器科ですが、他の診療科に比べて年収が高いわけではなく、一般の病棟勤務とほぼ同じか若干多い450万円〜550万円となっています。

1日のお仕事の流れ、「やりがい」と「難しさ」を感じるとき

日によって多少の差はあるものの、循環器科で働く看護師の1日の大まかな流れは、午前中は清潔ケアや医師の指示による点滴や採血をはじめとする様々な処置、バイタルサインの確認などを行います。

患者の回復でモチベーションがアップ

午後は、まず昼食の介助を行い、その後は薬の管理、リハビリを行っている患者のサポート、生活指導などを行います。

検査業務を中心とした施設では専門スタッフとともに心電図や心エコーなどの検査業務を受け持ちますし、救急患者の受け入れ体制の整った施設では重症の心疾患の患者を対象として集中治療を行うCCU(心臓血管疾患集中治療部)の業務も行います。

他の診療科よりも医療用語や略語が多く、勤務する施設によって状況の報告の仕方が異なっていたり、申し送りの型式が独特な場合もあるため、業務に慣れるまで時間がかかることも想定されます。

看護師が循環器科で働く際の苦労や難しさとしては、急性期の時には症状があっても、慢性期になって症状がなくなってくると、患者は健康になったという認識をして、看護師が生活指導を行っても、こちらの意図が受け入れてもらえないことが多々あります。

また、終末期の患者や、積極的な治療できない患者、そしてその家族にしてどのような看護を提供をするのがいいのか、といったことも難しい点です。

突然発症することが多いという心疾患の性質上、曜日・時間に関係なく緊急の患者も少なくなく、他の診療科に比べて夜勤や残業も多いという点も、この診療科で働くうえで大変なところです。

しかし、頑張った分だけ仕事を通して励みになることや、やりがいを感じたりすることも多くあります。生死に関わる状態から、手術や治療を受けてみるみる元気になっていく患者さんの姿を見たり、外来に来られたときに声をかけていただいたりすると、「循環器科を選んで本当によかった」と思います。

虚血性心疾患、心不全、弁膜症ほか代表的な心疾患

食生活をはじめとする生活スタイルの欧米化によって、心臓病の患者は増加を続けており、日本人の死因ではがんに続く2位を心疾患が占めるに至っています。

心電図モニターの様子

主な疾患には、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、胸部大動脈瘤、心不全、弁膜症などがあり、高血圧や脂質異常、喫煙、高血糖が危険因子となっています。

冠動脈は心臓の筋肉に必要な酸素と栄養を運搬していますが、冠動脈が競作したり、閉塞したりすると、心筋は栄養を遮断されて働けなくなる「虚血」状態に陥ります。

心筋梗塞や狭心症は虚血性心疾患の代表格です。心臓の血液循環がうまくいかなくなる原因としては、動脈硬化で冠動脈の内側が狭くなったり、血管が痙攣を起こして一部分が狭くなることで、血液が心筋に行き渡らなくなる場合があります。

薬物治療にくわえて、近年はカテーテル治療が増えてきています。詰まっている部分に直接薬剤を注入する血栓溶解療法や、ステントという網状の器具を冠動脈に送り込み狭くなった血管を広げるステント術などがあります。外科治療では、詰まった冠動脈に迂回路(バイパス)をつくる冠動脈バイパス手術があり、天皇陛下が受けられたことは記憶に新しいところです。

胸部大動脈瘤は、全身に血液を送る胸部大動脈の内側が拡張し病的な瘤ができた状態です。通常の大動脈は2〜3cmの太さですが、この2倍くらいの太さになると血管が破裂するリスクが高くなり、大出血から死に至るケースも考えられます。大動脈瘤がある場合には、予備的治療として人工血管置換術やステント留置術などを行うことが一般的です。

心不全は、心臓が機能低下を起こし、正常に働いていない状態全般を指しています。心臓は全身の臓器が必要とする血液を運搬する役割を果たしているため、心臓が機能不全を起こすと、全身の臓器にさまざまな症状が現れます。

心不全は慢性と急性に分かれますが、原因疾患としては心筋梗塞、狭心症、心筋症、心臓弁膜症などが挙げられるほか、高血圧症などで心臓の機能が徐々に低下していくケースもあります。治療の基本は、慢性心不全は服薬治療、急性心不全は入院による強心剤の投与や酸素吸入、人工呼吸器の装着などです。

心臓弁膜症は、4つの心臓内の部屋(右・左心房、右・左心室)それぞれの入り口にある弁に障害が起きた状態を指しており、弁の開きが悪くなって血流が妨げられる狭窄、閉じ方が不完全となることで血液が逆流する閉鎖不全などがあります。

心臓弁膜症の治療は、心筋の収縮力を増強させる強心剤や、血液の量を減らすることで心臓にかかる負担を軽くする利尿剤、血流を改善する血管拡張剤などを投与して、症状を緩和したり、進行を抑制させたりします。外科的治療では、弁の悪い部分を修復する弁形成術と、弁を入れ替える弁置換術があります。近年、注目されているのがカテーテルで大動脈弁を入れる大動脈弁留置術です。